初心者向けおすすめのダーツの特徴について

  • 初心者におすすめのダーツパーツについて

    • ダーツボードは投げ矢を受け止める的ですが、ボードの設置位置は高さが173センチ、スローラインと呼ぶ投げ位置からボードまでは244センチなど、距離が決まっています。

      自宅で練習する時などは、可能な限り距離を測定してボードを取り付けるようにするのがおすすめです。

      おすすめのダーツを「よくわからない」と思っているあなたも、詳しい情報を見れば考え方が変わります。

      尚、ダーツは投げ矢そのものの名前であると同時にゲームの名称でもあるわけですが、ダーツは4つの部品が1つになっているのが特徴です。


      4つの部品はそれぞれ通販サイトを使えば買うことは出来ますが、利用する時には4つの部品を取り付けが必要です。


      どれでも取り付けが出来る部分もあれば、決まったものしか取り付けが出来ないもの、さらにハードとソフトの2つのボードがあり、先端のティップと呼ぶ部品もハード用とソフト用がありますので、現在使っているボードの種類に合わせたものを選ぶようにします。

      また、ダーツはレベルに応じた道具があるのが特徴ですから、初心者などの場合は通販店の初心者向けコーナー、ビギナーズコーナーなどのような、初級レベルの人に最適な道具を紹介しているお店を使うのがおすすめです。
      投げ矢を持つ時に掴む部分はシャフトと呼ぶ部品です。



      シャフトは細長いものが初心者向け、短くて太さが場所に応じて異なるのは中級者向けなど、自分が投げやすいものを選ぶことが大切です。
      一番手前側にあるのがフライトと呼ぶ部品ですが、フライトは面積が大きいほど空気抵抗を受ける、これにより安定した飛び方をするなどからも、大きめのフライトを選ぶのがおすすめです。