美白化粧品で美白ができる仕組み

バナー

美白化粧品で美白ができる仕組み

美白成分として厚生労働省から認められている成分にはアルブチン、プラセンタエキス、エラグ酸、コウジ酸、誘導体も含むビタミンCがあります。この中のいずれかの成分が含まれていないと薬用美白化粧品と名乗ることはできず、効果のアピールもできません。そして、ビタミンCは一部を除いてビタミンC誘導体以外は塗ったとしても美白効果はないです。


そのため、ビタミンC誘導体が配合されている美白化粧品を選ぶのが大切です。


この他、美白成分以外で配合されることが多いのは角質をケアする効果があるAHA系などです。
古い角質をはがれやすくする仕組みがあり、ターンオーバーによって肌のリズムを整えて美容成分が肌に浸透しやすくなります。

またメラニン生成酵素が活性することを抑える仕組みがある成分であるハイドロキノンも規制緩和によって美白化粧品に配合されています。

このような美白化粧品を利用することで、シミが広がったり濃くなることを抑えることができ、新しくシミができるのを防ぐ効果もあります。

また、肌の生まれ変わりをサポートするパックなどを同時に使うことでシミを目立たなくさせることも可能です。

さらに、サプリメントも併用することで体内から美白を目指すこともできます。

そして、美白化粧品だけを使用するのではなく紫外線対策も必ず行いましょう。

対策をしなければメラニンはどんどん増産されていきます。

このような美白のための仕組みを知っておくと、適切な対処がしやすくなります。
美白化粧品と言っても美白できる仕組みはいくつかあります。まず一番多いのが保湿によって健やかな肌に整えることで、ターンオーバーを正常化し、古くなった角質を排出させる仕組みです。



この種の美白化粧品ではくすみや黒ずみを解消できます。


また次に多いのがビタミンC誘導体配合の美白化粧品です。

美白作用やコラーゲン生成作用のあるビタミンCですが、そのままでは肌に浸透しないですし、酸化しやすいので逆効果にもなりかねません。

そこでビタミンC誘導体という、肌に吸収されるとビタミンCに変化する物質を配合することで、同じ効果を期待できます。

こちらは長期使用によってシミやそばかすなどを薄くできる可能性があります。

最近注目をされているのがハイドロキノンです。

こちらはシミ予防だけでなくできてしまったシミも消すことができる物質です。

このようにメラニン色素を除去してシミを消すのはもちろん、シワにも効果があることから肌の漂白剤とも言われています。しかし高い効果の反面、白斑などの副作用の恐れや、そもそも肌に合わずに炎症を起こす可能性もあるので、使用の際にはパッチテストを行って問題がないことを確認することです。

また胎盤から抽出されたエキスのプラセンタにも美白効果があると言われています。
こちらには成長因子が含まれており、肌のターンオーバーを正常化に導いたり、コラーゲンの生成を活性化させる仕組みもあるので美白とともにハリや弾力のある肌に導いてくれます。

夏の激しい日差しを浴びていると、肌は黒くなってしまいます。

美白になりたい方にとっては、太陽の光の中に含まれている紫外線は、大敵と言っても良いでしょう。

どうして肌が黒くなるのかと言えば、肌が光を吸収する特徴を持っているからです。なぜ吸収しなければならないのかと言えば、吸収する事で身体の奥底にダメージを受ける事を防ぐためにあります。

つまり皮膚は外からの害を防ぐ為のバリアーと言っても良いでしょう。

肌が黒くなる理由はメラニンであり、紫外線等でダメージを受けると作られてしまいます。


美白になりたいのでしたからこの原理をきちんと理解する必要もあるでしょう。

クレンジングゲルを知りたいならご活用ください。

では美白化粧品の原意はどういった物なのかと言えば、このメラニンが作られる事を防ぐ効果があるからです。


肌が黒くなるのはメラニンが作られるのですから、それを防げば良いだけの話でしょう。

美白化粧品はメラニンを作る事を防ぐ事によって、肌が焼けて黒くならなくて済むのです。

その結果、肌が白い状態で保たれるというのが美白化粧品の原理と言っても良いでしょう。

さらにメラニンが出来てしまったとしても、美白化粧品を使用する事によって、その色を薄くする事が出来るのです。



紫外線を浴びるとメラニンが酸化をするので色が変わるのですから、還元をする事によって黒を薄くする事が出来るのです。
美白化粧品はただ一つだけでは無くて、様々な効果を複合的に合わせて肌が黒くなるのを防ぐのです。


これが美白となる原理です。

Copyright (C) 2016 美白化粧品で美白ができる仕組み All Rights Reserved.